羊肉で脂肪燃焼!痩せるワケとダイエットにいい栄養は?



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

赤身のステーキ

 

ダイエットの敵と言えば脂身たっぷりのお肉が代表格ですよね。脂肪燃焼をするのに肉を食べると聞くと、「そんなことをして本当に大丈夫なのか」と感じることでしょう。

 

お肉は、カロリーが高い、太ってしまうというイメージがあるため、そのように感じるのも無理がないところです。確かに肉の食べ方によっては、肥満に繋がることもありますが、肉類全てがそうとは限りません。

 

それどころか、脂肪燃焼に繋がるというありがたい結果がもたらされるダイエット向きなお肉もあるのです。それがジンギスカン料理などで食べられるラム、マトンなどの羊肉です。

 

⇒ 脂肪燃焼におすすめのダイエット茶はこちら

 

痩せるためのお肉!L-カルニチン保有で太るどころか痩せる?

 

太りにくいお肉というのを通り越して、痩せるために役立ってくれるという羊肉は脂肪燃焼の作用があるとされています。それは、羊の肉にはL-カルニチンという栄養素が豊富に含まれているからです。

 

このL-カルニチンこそが、脂肪燃焼にダイレクトに繋がるのですが、実際に羊の肉を摂取することを継続していけば、何かしらの成果が出るとさえ言われています。

 

L-カルニチン配合の脂肪燃焼サプリ

 

L-カルニチンの効能、効果と気になる副作用

 

 

L-カルニチンはダイエット向けの成分として注目されてますが、記憶力の低下を防いだりと脳力アップにもよい成分です。

 

太っている状態というのは内臓脂肪や皮下脂肪が多く、血液検査では中性脂肪値が高くなるなど見受けられます。このときの中性脂肪というのは脂肪酸とグリセリンのひっついた状態です。

 

体脂肪を燃焼するには、運動したり緊張などでホルモンが分泌されるなどが起こると、脂肪酸とグリセリンが離れ「遊離脂肪酸」というものになります。

 

L-カルニチンは血中に取り込まれた遊離脂肪酸をエネルギーへと変換すべくミトコンドリアへと運んでいきます。ミトコンドリアで熱、エネルギーとして消費されていきます。

 

こういった仕組みを考えるとまったく運動しない状態では痩せにくいといえますが、普通に生活しているだけでも多少は筋肉を使っています。この時にL-カルニチンを摂取していると効率よく脂肪をエネルギーに変換することができるのです。

 

L-カルニチンは痩せるためにはとてもいい成分ですが副作用の心配はないのでしょうか?これまでにL-カルニチン配合のサプリなどを摂ったことで重大な副作用が起こったという報告はありません。ただ体質によって寝る前にサプリを摂ると寝付けなくなるなど目がさえてしまうことがあるようです。

 

痩せるためにはどのくらい食べればいい?

 

羊肉

 

L-カルニチンは結果的に中性脂肪やコレステロールを減らすことにつながるダイエット向け食品ですが、毎日、羊肉やサプリメントなどでL-カルニチンを摂取する場合、200mg/日〜500mg/日が推奨される摂取量になります。

 

摂取するタイミングは効率よく脂肪が燃焼されるように、体を動かす前など、運動前30分がよいとされています。羊肉でみていくと100g中のお肉に

 

  • マトンは 208mg
  • ラムは 80mg

 

含まれているということで、マトンだと100mg食べるだけでも1日推奨されるL-カルニチンを摂ることができますね。同じ羊肉でもマトンとラムでは大きく保有量が違いますから、どうせならマトンを食べたほうが効率がいいですね。

 

羊の肉と聞くと、どこか臭いイメージがあるかもしれませんが、実はそんなことはないのです。かつては臭いというイメージも少なくなかったですが、最近ではそのようなことはほとんどなく、むしろ日本人の口には合うように改良されています。

 

実際に食べてみれば、羊の肉は消化が良いことも実感できます。では、羊の肉の料理の中では、何か最もおすすめでしょうか。最も人気のある食べ物はジンギスカンです。

 

ジンギスカンの場合、羊の肉のみならず、野菜も一緒に摂取することができるので、それだけで満腹感を良い具合に感じるようになります。

 

また、ジンギスカンのタレに唐辛子を加えてみるという方法もあり、唐辛子の痩せる成分カプサイシンと羊の肉で相乗効果を発揮することにも繋がります。
関連記事

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加