太りたくない人の痩せるお菓子の食べ方、選び方



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

肥満に悩まされているときには、食事を制限してダイエットをするようになりますが、そんな時でもお菓子を食べたくなることがあります。

 

ダイエット中にお菓子を食べることは困難ですが、痩せるお菓子に限定して食べてもよいというルールにすることで、ストレスを抑えながらダイエットを継続していけるはずです。

 

全ての食品にはカロリーがあるので食べ過ぎれば太りますが、痩せるための効果が期待できるお菓子を選ぶ事が重要です。

 

⇒ ダイエット茶ランキングはこちら

 

杏仁豆腐は低カロリーで高たんぱく

 

 

杏仁豆腐は、グラムあたりのカロリーが非常に低い食品であり、オレイン酸、リノール酸などダイエットにいい植物性の油が多く含まれている健康食品です。鉄分やカルシウムなどのミネラル成分も含有しており、美容にも貢献できる食品となります。

 

杏仁豆腐は高タンパクな食品であり、その多くが水分となります。食べ応えがあるので、他のデザートよりもかなりカロリーを抑えながらも、満足感を維持する事ができます。

 

体重を減らすことができるお菓子の基本は、水分でお腹を満たすことです。超低カロリーのコンニャクも、少量の食物繊維と大量の水分でできています。

 

コーヒーゼリーで痩せる

 

 

こちらも杏仁豆腐と同様な水分を多く含むデザートとなります。海藻のエキスである寒天を使用して、コーヒーやオレンジジュース、ヨーグルトドリンクなどをトッピングしてゼリーの状態に固めます。

 

寒天はカロリーがほとんど無いため、トッピングしたコーヒーやフルーツドリンクなどのカロリーのみとなります。ブラックコーヒーのゼリーを作り、少量のミルクをかけて食べるコーヒーゼリーはかなりの低カロリーとなり、ダイエット中のデザートとして最適となります。

 

市販のジュースをトッピングできるので、好きなドリンクをゼリーにできます。マンゴー味やパイン味、イチゴミルク味なども可能となります。ダイエットに効果のあるアミノ酸ドリンクでゼリーを作ることもできます。

 

ポップコーンは食物繊維が豊富

 

 

ポップコーンは、お菓子と位置づけられていますが、トウモロコシを油で加熱して塩をかけている食品であるため、ポテトチップスやチョコレート、ソフトクリームのように高カロリーな食品ではありません。

 

食物繊維が非常に多く含まれているので、食べるごとにお腹がふくらみ、満腹感を感じるようになります。ポップコーンは、抗酸化作用のあるポリフェノールが含有しているので美肌効果も期待できます。

 

おやつの時間にポップコーンを食べる方法と、食事の前にポップコーンを摂取して、お腹に食物繊維を増やして食事の量を減らしてカロリーコントロールをしていく考え方もあります。

 

ただし、ポップコーンには様々な味付けのあるタイプがあります。バター醤油味や、キャラメル風味などは、乳脂肪や糖質が大量に含まれる事から、他のスナック菓子と同様に太ってしまう食品となってしまいます。ダイエットのためにはプレーンタイプを選びましょう。

 

チアシード入りのお菓子を選ぶ

 

 

海外セレブがダイエットに利用しているとして、チアシードが流行しました。チアシードとは、サルビア・ヒスパニカの種子の部分であり、非常に栄養価の高い食品となります。このチアシードにはグルコマンナンという食物繊維が含まれており、食べるとお腹の中で大きく膨らみます。

 

この時、水分を吸収して膨らむので、チアシードを摂取する時には水分を補給する必要があります。グルコマンナンは、コンニャクに含まれている成分であり、超低カロリーで食物繊維が豊富なので低GI食品となります。

 

このチアシード入りの自然派食品のお菓子が販売されており、クッキーのような味わいでありながら様々な栄養分を補給でき、食べた満足感を大幅に高める事ができる優良な食品となっています。

 

関連記事

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加