低カロリーなワカメも脂肪燃焼ダイエットに効果がある?



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

低カロリーなワカメも脂肪燃焼に効果がある?

 

ワカメがダイエットにぴったりなのは、低カロリーでリーズナブルなことだけが理由ではありません。ワカメには、ダイエットをサポートしてくれる成分が豊富に含まれているのです。

 

特にワカメなどの海藻類に含まれる『フコキサンチン』には、脂肪燃焼効果があると考えられ、近年注目を集めています。

 

ダイエット茶ランキングはこちら

 

フコキサンチンの効果・効能

 

フコキサンチンとは、海藻の中でも、ワカメ、昆布、もずく、ひじきなどの『褐藻類』だけに含まれる、強い抗酸化作用を持つカロテノイド色素のひとつです。

 

フコキサンチンには、肥満の原因となる白色脂肪細胞の中の、余分なエネルギーを熱に変えることで、脂肪の燃焼を促進させる働きがあります。このほかにも、フコキサンチンには次のような効果があります。

 

老化や病気を予防する
フコキサンチンの強い抗酸化作用は、活性酸素の過剰発生を抑制するアンチエイジング効果のほかに、動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞などの心臓血管系の病気を予防すると考えられています。

 

美肌・美白効果
フコキサンチンには、コラーゲンの産生を促進する作用、またエラスチンの分解を抑制する作用があり、美肌・美白に大きな効果が期待できます。

 

抗ガン作用
フコキサンチンの大腸ガン・十二指腸ガン・前立腺ガン・肝臓ガン・白血病などの予防効果が報告されています。

 

ワカメに含まれるその他のダイエット成分

 

 

ワカメには『ヨウ素』という成分が豊富に含まれています。ヨウ素を摂取すると、交感神経が刺激されて、脂質・糖質などの代謝が活性化されます。そして代謝が活性化されることで、体脂肪が燃焼されます。

 

しかし、ヨウ素の摂取量は、多すぎても少なすぎても、甲状腺の機能を低下させる恐れがあります。一日に、乾燥ワカメ40g以上の摂取は控えましょう。ワカメにも含まれる『DHA・EPA』は、体脂肪の燃焼を促すと考えられています。

 

またDHA・EPAには、褐色脂肪細胞を活性化する作用があり、内臓脂肪や中性脂肪の増加を抑制する効果が期待できます。特にEPAには、脂肪を分解する酵素の働きを活性化させる作用もあるので、積極的に摂取することがおすすめです。

 

ワカメを摂取するときのポイント

 

食物繊維が豊富なワカメは、食事の最初に食べることで、その働きを効率的に利用することができます。またフコキサンチンの効果を高めるには、ワカメをしっかりと噛んで食べることがポイントです。

 

ワカメを使ったダイエット・レシピで、お勧めはやはり味噌汁です。味噌に含まれるアミノ酸には、『ロイシン』『イソロイシン』という、脂肪を燃焼させる成分が含まれていますし、イソフラボンも豊富です。

 

ワカメを入れた味噌汁は、ダイエットには一石二鳥のレシピとなります。ただしフコキサンチンは熱に弱いという報告もあるので、火の通しすぎには注意しましょう。

 

ワカメは100gで約11kcalと、非常に低カロリーです。しかし、ワカメだけを食べるダイエットは、総合的に見て栄養バランスが崩れてしまいますから健康を害する可能性があるのでやめましょう。また体質によってはお腹が緩くなるとか、下痢を起こす原因にもなるので食べ過ぎないことが重要です。

 

適度に食べることで健康に役立つワカメは腹もちがよく、食欲抑制効果があるので、ダイエットには最適の食材です。毎日の食生活に上手に取り入れて、ダイエットを成功させましょう。

 

関連記事

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加