雑草だけど役立つ!すぎな茶は痩せるの?そのダイエット効果は?



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

雑草だけど役立つ!すぎな茶は痩せるの?そのダイエット効果は?

 

すぎなは、特に農家の方には悩みの種となるような雑草で、除草しても完全には取りきれず、すぐにでもどんどん生えてくるような生命力の強い草です。

 

その強いエネルギーからかびっくりするほど栄養価も高く、薬効もあることから古くから薬草として重宝されてきました。

 

すぎな茶には直接的な脂肪燃焼や脂肪の吸収を抑えるなどの効果はありませんが、間接的にダイエットに役立つお茶です。すぎな茶にはどのようなダイエット効果があるのか見ていきましょう。

 

ただ、雑草だけど役立つ!すぎな茶は痩せるの?そのダイエット効果は?もご覧になり飲み過ぎないように慎重になることも必要です。

 

体の機能を整える栄養価の高いすぎな茶

 

すぎなとは、実はつくしが生えてきた後に生えてくる草で、つくしは胞子茎、その胞子から生えてくるすぎなを栄養茎と呼びます。すぎなはシダ科の植物で地下茎で増えていき、深くしっかりと根を伸ばして地下からのミネラルをたっぷりと吸収するのです。

 

ミネラルはダイエットにも深く関わる栄養素です。すぎな茶には、カルシウム、マグネシウム、ケイ素、葉緑素、カリウム、ナトリウム、サポニン、鉄、亜鉛など様々な種類のミネラルが豊富に含まれています。

 

すぎなは野菜の中ではカルシウム豊富なほうれん草に比べて155倍ものカルシウムがあります。また、リンやカリウムは5倍、マグネシウムは3倍含まれているようです。

 

ダイエット中は食事制限をする方も多いため、栄養素が不足してしまい、ミネラル不足に落ちりやすい状況です。ミネラルは血液や体液をバランス良く調節したり、骨や歯のもとになったり、神経やホルモンバランスの調節にも関わってきます。

 

ダイエット中にも体の維持や調節に欠かせないミネラルをしっかり摂って、健康的に痩せる補助となるのがすぎな茶なのです。そして、個々のミネラルにも、ダイエットに関わる働きがあります。また、マグネシウムは便を柔らかくしてくれるので便秘解消にも効果が期待できます。

 

血液をサラサラにするケイ素や葉緑素の効果

 

 

すぎな茶に含まれるミネラルの一種、ケイ素には全身の組織や臓器の細胞の材料となったり、強い抗酸化力で活性酸素を除去する作用があります。このため、傷ついた血管を修復し、しなやかな血管を作り出す材料となってくれるのです。

 

ケイ素が不足すると血管に脂肪がつきやすく、動脈硬化になりやすいという報告もあります。また、葉緑素は「植物の血液」とも呼ばれ、分子構造が血液によく似ています。

 

葉緑素は血液をきれいにしてサラサラにしたり、肝臓の機能を強化するため、体内の毒素や老廃物が排出されやすくなります。体内の毒素や老廃物が排出されることをデトックス作用といい、血液がスムーズに循環してダイエット効果が得られやすい体となるのです。

 

すぎな茶に豊富なカリウムで利尿作用、むくみ防止

 

すぎな茶にはカリウムが豊富に含まれているため、利尿作用があり、体のむくみの解消に役立ちます。カリウムの働きで体内からナトリウムが排出されることから、水分代謝が活性化されるのです。

 

この利尿作用により、お腹周りにたまった体液をすっきりさせる効果も期待できます。このようなすぎな茶のデトックス作用はダイエット効果だけではなく、美容にも効果があり、美肌つくりに役立って体もすっきりと軽くなってくれるようです。

飲み過ぎには注意を。すぎな茶の副作用

 

すぎな茶は他にも、カルシウムなどの働きで自律神経の乱れを整え、ダイエット中のストレス解消にも効果があります。様々な方面からダイエット効果のあるすぎな茶ですが、飲み過ぎには注意しましょう。すぎな茶は効能の強いお茶ですので、毎日1杯にとどめておく方が良いようです。

 

また、心臓や腎臓の機能不全の方やすぎななどにアレルギーのある方、ニコチンに過敏な方、カリウムを制限する必要のある方は摂取を控えてください。すぎな茶と上手に付き合いながら、ダイエットのサポートに役立てていきましょう。

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加