セルライトの凸凹を自分で除去するダイエット方法とは



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

セルライトの凸凹は脂肪燃焼でなくすことができる?

 

セルライトは脂肪の塊のことで、女性の90%にセルライトが見られると言われています。海外セレブの脚、おしりなどがボコボコしていてセルライトが酷いと画像が出回ることもありますよね。

 

脂肪を落とそうとして運動したり食事を減らしてみるなど努力をしても、できてしまったセルライトはなかなか消えてはくれません。

 

実は身体についた普通の脂肪はダイエットをすれば分解させて痩せることができますが、セルライトは運動や食事制限などのダイエットでは分解させることができないのです。とても厄介なセルライトができるメカニズムと解消方法は以下の通りです。

 

ダイエット茶ランキングはこちら

 

セルライトができるメカニズム

 

 

セルライトができるまでには幾つかのステップがあります。まずは女性に多い血行不良により、老廃物や水分が脂肪細胞の周囲に溜まったまま排出されなくなります。

 

脂肪細胞はそのまま老廃物を溜めこんだまま肥大していき、その周囲にコラーゲンが膜を作ります。コラーゲンは脂肪細胞を包み込んだまま固くなり、外目からも分かる様なセルライトに成長するのです。

 

セルライトができるには幾つかの原因があります。「代謝機能が落ちる」「偏食により栄養バランスが悪くなる」「運動不足」「ストレス」など、ダイエットをしたり仕事に忙しい現代女性に当てはまる要素が多く見られるのです。

 

上記原因に当てはまる人は気が付かないうちに少しずつセルライトが身に付いてしまっている可能性がありますので、これ以上増やさない様に今からでもすぐにケアが必要です。

 

一度できてしまったセルライトは自然に減ることはまずありませんが、正しいケアをすれば普通の脂肪に戻すことができます。脂肪燃焼をさせるにはまずセルライトから脂肪細胞に戻す様にするのが一番近道なのです。

 

自分でできるセルライト除去・脂肪燃焼方法

 

 

セルライトを還元させて脂肪をエネルギーに変換する為に自分でできる方法があります。一つ目はリンパマッサージをしてリンパの流れを良くするという方法です。

 

身体の温まっているお風呂上りにするとリンパがスムーズに流れて効果がでやすくなります。まずはリンパ節が集中している太ももの前側の付け根の部分を丁寧にマッサージしましょう。

 

次に脇の下のリンパ節をマッサージします。マッサージを始める前にコップ一杯の常温水を飲んでおくとよりリンパが流れ易くなります。二つ目はコラーゲンで囲まれて凝り固まってしまったセルライトを手で揉みつぶすという方法です。

 

セルライトをつまみながら、優しく揉みつぶしていきます。絶対に強い力で行わずに優しくするのがコツです。脂肪細胞をほぐすことで、溜まっていた古い脂肪細胞を外に出していくことができます。

 

空いた場所に新たな脂肪が生成される様にして入れ替えを行い、細胞をリフレッシュさせるのです。この時決して内出血ができる程の強さで行わない様にしましょう。

 

自分でもできる方法ですが専用クリーム、ジェルなどを使うと効果がさらにアップさせられますよ。

 

セルライトや肉割れに⇒下半身太りケア専用スリミングジェル「レッグ&スタイル」

 

セルライトができやすいなら普段から注意を

 

セルライトを分解して脂肪燃焼をスムーズに行う為には、普段の生活で幾つか注意する点があります。女性は特に冷え症の人が多く、血行が悪くなるとセルライトが出来易くなります。

 

特に夏場に冷房の効いたオフィスにいることが多い女性は、身体を冷やさない様に心がけましょう。冷たいものを飲むよりは常温の飲み物を選びましょう。

 

トイレ休憩の時に太もものリンパ節をマッサージしたり、昼休みに脇の下のリンパ節をマッサージするなど、こまめにセルフケアをしてリンパの流れを良くしておくことも大切です。

 

関連記事

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加