ダイエット茶は食事中に飲むと効果が高くなる?食後がいい?



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

ダイエットの習慣やこうしたら痩せやすいそうだという情報は本当にたくさんあって1つの事柄でも、違う方向から見れば逆にダイエットに向かないことだったりもします。

 

あと、体質によって違うので万人に効果的になるダイエット方法というのはないのかもしれませんね。食事中に飲み物を飲むのか、飲まないのか?という問題でも同じことが言えます。

 

食事前や食事中に水やお茶をたくさん飲んでおけば、満腹得られて食欲が減るからダイエットにいいという話はよく聞きますがこれにもワナがあって胃酸が中和されて薄くなってしまい胃酸の酸性が弱くなります。こうなることで胃に負担がかかってしまったり、栄養の消化吸収も阻害されやすくなるそうです。

 

しかし、お茶の種類によっては食事中に飲んだほうが圧倒的にダイエットに役立つものも存在しています。

 

ダイエット茶は脂肪の吸収を抑える働きがあるの?

 

脂肪吸収を抑えるお茶なら食事中に飲んで!

 

 

プーアール茶、ウーロン茶やこれらのお茶をブレンドしたお茶は脂っこい食事と一緒に食べると脂肪分を吸収されないように、早く排出されるように働きます。

 

「食べ物は食べたら一緒!胃で混ぜられる」と考えている方も多いようですが、食べ物は食べた順にミルフィーユのように重なっていきます。食後に飲んでも油をたくさん含んだ食べ物は消化されていった後なので、プーアール茶、ウーロン茶の働きは及ばないことになります。

 

脂肪吸収を抑えるタイプのお茶を飲むときは必ず、食事中も飲むようにしましょう。もちろん、お菓子やスイーツを食たくなった時にも多めに飲むべきですね。食事中や間食以外の時に飲んでもポリフェノールなどの効果でダイエットには好影響ですが、1gで9kkalもある油を少しでも減らすためになにかを食べる時にはしっかりと飲むようにしましょう。

 

⇒ 食事中におすすめのダイエット茶はこちら

 

食事中飲みすぎると逆効果に?

 

これは先ほどのパターンとは違って脂肪吸収抑制、脂肪排出の働きがないお茶を飲むときに起こりやすい失敗となります。

 

プーアール茶、黒茶のダイエット効果は脂肪燃焼と吸収阻害のW効果

 

痩せることへの逆効果にもなってしまうケースとしては、食事中に水分を取るのが習慣になってしまっていて体質的に水太りになりやすい方や、むくみが酷い方だと水分の取りすぎになりやすく、余計にむくんで体重が増えてしまうのです。

 

パサパサのものを食べる時にちょっと水分が欲しいな〜と飲むのならいいですが、なんの食べ物でも水分と口の中で混じりあってしまえば、飲む込みやすくなります。咀嚼回数が減ると満腹中枢が刺激されず、いつまでも満腹にならないので食事量が増えてしまいます。

 

早く満腹中枢が刺激されるように、咀嚼回数を増やして唾液の分泌を促進させましょう。もちろん、飲み込むのが苦手という方や食事内容の時はのどに詰まってしまいますからちゃんと飲んでください。

 

ダイエット茶は種類によって飲むタイミングが違う

 

食後のお茶を飲む習慣は日本人に根付いているものですが、ここで緑茶や水、麦茶でなく脂肪分解を促してくれたり、脂肪吸収を抑える働きのあるダイエット茶を飲むようにしましょう。

 

暑い時期は辛いので常温でもいいと思いますが、そうでなければ冷たいよりも温かくしてから飲む方が痩せるためには有効です。現代人は忙しいので、お茶でダイエットするといっても、お茶を飲む時間まで細かくは、意識しない方がいいかもとも思います。

 

やはり、時間を意識するということは、たとえば、食前に飲もうと思っていたのに忘れて食事をしてしまったりすると、「うわー!忘れていた!」ってショックですよね。大きなショックではないにしても、ストレスがかかります。ダイエットにストレスは一番の禁物ですから、まったりとお茶の力を信頼して、お茶ダイエット楽しんでいきましょう。

 

関連記事:寝る前にダイエット茶は飲まない方がいい?

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加