サウナに入ることでダイエット、脂肪燃焼になるのか?



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

サウナに入ることで脂肪燃焼になるのか?

 

ダイエットをして痩せようと思う時に考えることとして、激しい運動はしたくない、厳しい食事制限はしたくないと考える人は多いと思います。

 

ダイエットで味わう辛さを最小限に抑えて、ダイエット効果を得ると考えた時に、サウナで脂肪燃焼をさせるという選択肢があります。ダイエットのためにサウナを使うというのは、どのようなメカニズムで痩せるのでしょうか。

 

ダイエット茶ランキングはこちら

 

汗をかくことが重要!デトックス効果に

 

サウナに入ると中はとても高温で暑いために、じわじわと汗をかいてきます。汗をかくまでに個人差はありますが、時間をかければ誰でも汗が出てくることでしょう。

 

汗をかくことがダイエットにはとても大事なのです。汗をかいている時にただ水分を汗として出しているだけではなく、体の中で不要となっている老廃物も一緒に体外に出しているのです。

 

老廃物が体に溜まっていると脂肪や水分を溜め込みやすくなり、セルライトを増やす原因にもなってしまいます。老廃物を体外に出すデトックスには太りにくい体質にしてくれる効果があるのです。

 

脂肪燃焼しやすい状態を作るサウナ

 

 

サウナに入ると体が温まった状態になります。体が温まることで血行が促進され代謝が良くなり、脂肪を燃やしやすい状態にすることができます。

 

体の温度が上がるだけで、じっと座っていても脂肪を燃やしていってくれるので、サウナは痩せる体を作りたいという人にはお勧めです。痩せやすい体作りのためには、月に1〜2度はサウナを利用しておきたいものです。

 

サウナで消費できるカロリーは1時間で150kcalといわれますが、早く痩せたいと長い時間サウナに入ることはしないようにしましょう。水分を飲んでいても吸収するより早く水分が排出されて脱水症状になる危険もあるので注意してください。

 

運動とセットで利用をすると効果が高い

 

走ってダイエット

 

よくスポーツジムなどに温泉が併設されていてサウナもあるという施設がありますが、運動をした後にサウナを利用するということは、脂肪燃焼効果が上がるための良い方法です。

 

運動をした後の状態は体が脂肪を燃焼させている状態なので、サウナに入ってさらに汗を流すことで、より高い効果を得ることができるのです。

 

ただサウナに入りすぎて水分が出てしまい脱水症状を起こすなどの危険もあるので、10分程度ぐらいを目安にして一旦外に出て休む時間を作る、こまめに水分補給をするなどの工夫が必要になってきます。

 

サウナを利用して脂肪燃焼効果を得られることは今まで説明してきた通りです。ただ即効性はないので、継続的に利用する習慣を作っていき、徐々に体質を改善していくことが大事です。

 

サウナには脂肪燃焼効果の他にも、リラックス効果、安眠できる効果など様々な効果があるので、脂肪燃焼を目的として利用する人にとっても嬉しい効果が他にもあります。

 

脂肪を燃焼させてデトックスをして、気持ちもリラックスできますし、女性にはお肌がきれいになるなどの嬉しい効果もあるので、サウナの有用性についてこれからもどんどん注目が高まっていくのではないかと考えています。利用することで色々な効果が得られることが嬉しいですね。

 

サウナスーツでもサウナと同じ効果がある?

 

おしゃれなサウナスーツでデトックス

 

ダイエット用品でも人気のあるサウナスーツ。サウナって同じ名前だし、これは着ているだけで痩せるのでは!と考えるとワクワク感が抑えられませんが、実際には着ているだけで痩せることはできません。

 

サウナは「サウナに入っているだけで熱くなる」じっとしていてもサウナに熱々にされて汗が出てきますが、サウナスーツは熱を作り出すのは自分なので、着ただけでじっとしていると暖かい洋服と変わりません。

 

サウナスーツをダイエットに生かすには運動をする必要があります。走ったり、ウォーキングしたりすると体温が上がってきますが、サウナスーツが体温を外に逃がさないためにどんどん熱くなって汗の量がアップしてサウナと同じようにデトックス効果が期待できるのです。

 

運動してダイエットするときに、むくみ解消などを狙ってデトックスのためにサウナスーツを着るのはおすすめですよ。

 

関連記事

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加