血糖値を低くする作用で痩せるサラシア茶も優秀ダイエット茶



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

血糖値を低くする作用で痩せるサラシア茶も優秀ダイエット茶

 

アーユルヴェーダー(民間療法)の治療に使用されるサラシアから作られるサラシア茶は、WHO(世界保健機構)にもその効能を認定された実績のある人気ダイエット茶です。

 

まず、サラシアのダイエットに有効な働きとして、ふたつの大きな効能が挙げられます。一つ目は、体内への糖分の吸収を最小限に抑えて、余分な糖分が体脂肪として蓄積されるのを防ぐことです。この働きがあるので糖尿病の薬として昔は使用されていました。

 

そして、二つ目の効果はすでに体内に蓄積されてしまった脂肪に働きかけて、脂肪の分解を促進することにあります。このふたつの効能は、ダイエット茶としては非常に大きな魅力です。

 

サラシア特有のふたつの有効成分

 

サラシアは、主に実、根っこ、幹の部分から抽出される植物由来の天然成分が優れたダイエット効果を期待できる植物です。インドやスリランカの民間療法では、古くから薬効茶として飲まれてきました。

 

サラシアは、「サラシノール」と「コタラノール」という、非常に珍しい有効成分を豊富に含んでいます。これらの成分が、糖分を分解する酵素の作用を妨げるので、食事として体内に入った糖分の吸収を最小限に抑えて、余分な糖分が体脂肪として蓄積されるのを防ぐことができます。

 

また、同時に、すでに蓄積された脂肪に働きかけて、脂肪燃焼されやすいように脂肪の分解を促進する効果のあることが確認されています。

 

このことから、サラシア茶を飲めば食べても太らない、太りにくい体質になれると言われています。もちろん、カロリーを過剰に摂取していては、なかなか痩せることはできませんので、できるだけ三食バランスよくとるように心がけましょう。

 

サラシア茶で低インシュリンダイエット

 

サラシア茶を飲むことで血糖値を低く保つことができるとので食べたものが脂肪に代わりにくくなる働きがあります。低インシュリンダイエットとは、血糖値を低く保つことによって、脂肪が新たにつきにくくするダイエット方法です。

 

新たに脂肪がつかなければ、すでに身体についている脂肪がエネルギーとしてどんどん消費されていくので、当然、脂肪が燃焼しやすくなります。

 

運動や食事制限をしなくていいので、身体に負担をかけずに、痩せやすく太りにくい身体へと健康的に体質改善することが見込めます。

 

ただ、この効能を最大限に発揮するには、食事前か食事中に、サラシア茶を摂取する必要があります。理想は、食事前15〜30分前に飲むことです。早い方では10日ほどで効果を得られると言われています。

 

サラシアの整腸作用・美肌作用

 

サラシア茶にはダイエット効果だけではなく、腸の調子を整えたり、アンチエイジング効果も期待できます。サラシアは私たちが摂取したデンプン質の3割を分解して、吸収を妨げ、腸内でオリゴ糖をつくることがわかっています。

 

つまり、オリゴ糖を好むビフィズス菌や善玉菌を、サラシア茶を飲むことによって腸内で大量発生させることが可能になります。これにより便秘が解消されて、結果として美肌効果を期待することができます。

 

また、サラシア茶には、強力な抗酸化作用のある、「エピカテキンガレード」という成分も豊富に含まれています。老化は、紫外線や加齢によって、細胞が「酸化」することを指しますが、抗酸化作用のある成分を取れば参加を抑制することが可能です。

 

サラシア茶にはこの酸化を抑制する成分(エピカテキンガレード)が含まれていることから、健康維持やダイエット効果だけでなく、アンチエイジング効果や美肌効果を見込むことができるのです。特に女性にうれしい効果ですね。

 

サラシアを用いたダイエットには、米や麺類などの炭水化物、あるいは甘いものなどの、糖質をあまりとらない方には効果が少ないというデメリットがあります。

 

しかし逆に言えば、それらの食品を我慢する必要がないので、炭水化物や甘いものが好きな方でも、ストレスを溜めにくいダイエット方法だと言えます。特にご飯好きの方におそすめのサラシア茶。おいしく効果的に飲むことで無理なくダイエットを成功させましょう。

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加