パンプスを履くとながら運動で脂肪燃焼ダイエットになるかも



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

パンプスを履くとながら運動で脂肪燃焼になるかも

 

ダイエットをするのには、時間とお金と努力が必要だと思いますよね。でも、実はちょっとしたコツさえ掴めば、手持ちのアイテムですっきりメリハリボディを手に入れる事が出来るんですよ。

 

もちろんキツイ運動や食事制限は不要、わざわざダイエットの為の時間を取る必要もありません。そんな夢のようなダイエットアイテムとは、ずばりパンプスです。

 

ハイヒールやパンプスのような、踵のある靴を履き、正しい姿勢で歩くだけで、脂肪燃焼効果が高まりダイエットと、筋肉アップからスタイルアップまで出来ちゃうんです。

 

ダイエット茶ランキングはこちら

 

パンプスで期待できるダイエット効果は?

 

 

スニーカーのようなフラットな靴では、適当に歩いていても安定感が取れてしまいますよね。当然使われる筋肉も少なく、筋力は低下し、体には弛みが出てしまいます。逆にヒールのあるパンプスでは、適当に歩いているとバランスが取りにくく、体がぐらぐらしてしまいますよね。

 

しっかりと姿勢を正し、体がふらつかないように重心を取りながら歩く事で、インナーマッスルが鍛えられて基礎代謝の向上、大殿筋とヒラメ筋が鍛えらてヒップアップ、足首に締りが出てメリハリのある美脚も手に入れられます。

 

しかも、代謝と筋力がアップすることで、下半身のむくみまで解消されることが期待できます。むくみが続くと脂肪の蓄積につながるのでむくみ解消ができればほっそりした脚になることができます。

 

脂肪燃焼を高める歩き方

 

せっかくパンプスを履いていても、だらりとした歩き方をしていたのでは意味がありません。背筋を伸ばしてつま先は30度程に開き、太ももをすり合わせるくらいのつもりで真っ直ぐに動かします。

 

足を踏み出す時にかかとは跳ね上げないように注意し、足を降ろす時にはつま先を持ち上げず、膝は伸ばして歩きましょう。パンプスのヒール部分に体重を預けてしまうのではなく、常に背伸びをして、すり足をしているくらいの気持ちで歩く感じです。

 

正しい歩き方を実践してみると、普段どれだけだらけた歩き方をしていたのかに気付けます。歩く時に足や上体がぐらぐらするのは、筋肉がうまく使えていない証拠です。

 

ふくらはぎの筋肉を意識すると、自然とお尻の大殿筋にも力が入り、お腹まわりのインナーマッスルも刺激を受け、筋肉量アップと燃焼効果が高まります。

 

慣れてからも時々は姿勢を意識して

 

正しい歩き方をマスターしたからと言って油断していると、かかとを跳ね上げたり、膝を曲げた歩き方になっているかも知れません。

 

ハイヒールやパンプスなど、ヒールのある靴を履いて、膝を曲げ、かかとから足を降ろすような歩き方をしていると、ぽっこりお腹や下半身太りの原因となってしまいます。

 

慣れたと思っても、時には鏡やガラスに映し、姿勢をチェックしてみましょう。ヒールのある靴は脚に負担が掛かるものです。一日の終わりにはマッサージや、足首をグルグルまわし、疲れを取ってあげるようにしましょう。

 

関連記事

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加