妊婦はお茶ダイエットしても大丈夫?カフェインンの多いお茶はNG【おすすめの便秘解消茶も紹介】

 

妊娠中には胎児の健康と安全のために禁酒、禁煙など健康に気を使いますよね。食べ物も強い成分のものは避けることもあると思います。

 

妊娠中に取らない方がいい、注意しないといけないものの1つにカフェインがあります。妊婦さん向けの雑誌などでもコーヒー、紅茶などカフェインンの多いものはたくさん飲まないようにと書かれているのを見かけたことがあるのではないでしょうか。

 

妊婦はダイエット茶を飲んでもいい?

 

妊娠中に太りやすい人は20キロ以上体重が増えてしまうこともあります。急に体重が増加してしまうのはいろんな理由がありますが、体重を減らしたい、太りたくない場合にダイエット茶を利用できないか・・・という質問が多く聞かれます。

 

結論から言うと、妊娠中にお茶を飲んで痩せる方法はおすすめできません。普通に飲むだけならばお茶でもコーヒーでも大丈夫ですが、お茶で痩せたい、ダイエットしたいとなると1日に飲む量もやはり多くなってしまうからです。

 

お茶にはカフェインが含まれていますので、飲む量が多くなるとカフェインの摂取量も増えてしまいます。カフェインを取りすぎると流産の危険もあるので注意しましょう。

 

お茶に含まれるカフェイン量の比較

 

お茶やその他飲み物の中でカフェイン含有量が多いものは以下の通りです。

 

カフェイン含有量 100ml中

玉露 60mg
ドリップコーヒー 30mg
インスタントコーヒー 20mg
ココア 16mg
抹茶 16mg
紅茶 10mg
緑茶 10mg
ほうじ茶 10mg
ウーロン茶 10mg

 

妊婦さんで体重が増えすぎてしまったという場合は食べ過ぎを抑えるとか、なるべく低カロリーな食品を食べる、散歩など軽い運動をしてみるなどが良いです。

 

妊婦さんは赤ちゃんをかばうあまりに運動量が少なくなる傾向がありますから、無理しない程度で体を動かすというのがもっとも効果的です。しかも、散歩中には間食はできませんからお菓子を食べすぎてしまう妊婦さんにも効果的です。

 

妊娠中に安心して飲めるノンカフェインのお茶

 

カフェインの含まれていないお茶も多くあります。好みのおいしいお茶を見つけてくださいね。

 

麦茶 ◎

日本の定番ともいえるお茶ですね。夏に飲むことが多いのは体温を下げるからとされています。温めて飲む方がいいかもしれません。

 

黒豆茶 ◎

イソフラボンが含まれると美容を気にする女性に特に人気のお茶。抗酸化物質ポリフェノールの一種のアントシアニンが含まれています。

 

タンポポ茶、たんぽぽコーヒー ◎

タンポポ茶はたんぽぽの値から作られるお茶。体を温める作用があるので妊娠中、授乳中にピッタリです。

 

 

ルイボスティー △ ?

抗酸化作用が高く、アンチエイジング効果が期待できると人気のルイボスティー。・・・なのですが、一部ではルイボスティーの栽培されている土地が水銀で汚染されているからたくさん飲むのはおすすめできないという意見も見られます。日本では健康被害は聞かれませんが、妊娠中には飲まないほうがいいのではないでしょうか。

 

 

 

便秘がちな妊娠中におすすめのお茶

 

葉酸、鉄分、オリゴ糖、ビフィズス菌、乳酸菌などを含んでいるお茶でノンカフェインなので妊婦さんでも安心して飲めます。

 

妊娠中にはホルモンバランスの影響から便秘が酷くなる傾向にありますが、なるべく薬は飲みたくないもの。このすっきり贅沢抹茶はグア豆由来の水溶性食物繊維も含んでいるので便を柔らかくして便秘解消に役立ちます。

 

 

妊婦さんがカフェインを避けるべき理由

 

 

妊娠中にカフェインを摂らない方がいい理由としては赤ちゃんが低体重になったり、早産、流産となる可能性がアップするとされているためです。これは血流が悪くなるため等と言われています。

 

ノンカフェインのルイボスティーのダイエット茶としての効果は?

 

カフェインによって、妊娠中に必要であるカルシウムが体外へ排出されてしまうこともありますし、胎盤から赤ちゃんへカフェインがいってしまうので赤ちゃんの体に負担を掛けることになります。

 

とはいっても、ほとんどのお医者さんはカフェインをゼロにしろという意見は少ないようです。カフェインをまったく意識せずにどんどんカフェインを摂るのは注意しましょうという意見が多くて、1日に1〜2杯のコーヒーやウーロン茶はOKだそうです。

 

ただ玉露はカフェインが多いですから避けたほうがいいお茶になります。お茶以外では、コーラ(100ml中にカフェイン8mg)やエナジードリンクにも注意が必要になります。

TOPへ