寝る前にダイエット茶は飲まない方がいい?

寝る前にダイエット茶は飲まない方がいい?

朝起きるまでの時間は水分が取れないので、脱水を防ぐために寝る前に飲み物を飲んでいく方がいいと聞くことがありますが、ダイエット茶の場合はどうでしょう?飲んだほうがいいのでしょうか?

 

「夜、寝る前に飲んで痩せるお茶」というものが販売されているようですが、基本的には寝る前にはお茶は飲まない方がいいです。これは眼が冴えてしまう覚醒効果があるカフェインを含んでいるお茶が多いためです。

 

寝る前でも飲めるカフェインが少ないお茶

特にダイエット効果のないお茶もありますがカフェインが少ないお茶は、麦茶、杜仲茶、ウコン茶、ゴボウ茶、ルイボスティなどがあります。

 

麦茶などのカフェインが含まれていない、または少ないお茶なら問題ないです。しかし、寝ている間は体を休めないといけないので、内臓もあまり動かないようにしてあげないといけません。安眠だけを考えればあれこれと成分が入っているお茶よりも普通のお水、白湯のほうがおすすめです。

 

麦茶

ダイエット効果
夏の定番のお茶といえば麦茶なのですが、体を冷やす作用があるので秋冬に飲むなら必ず常温以上の温度で飲みましょう。

 

杜仲茶

ダイエット効果
肝臓機能を高めて脂肪排出、脂肪燃焼に影響することからダイエットにも良いといわれるお茶です。独特の臭いがあるので好き嫌いの好みが分かれます。

 

ウコン茶

ダイエット効果
肝臓病、高血圧にもいい働きがあることで知られるお茶で生姜に近い植物で生薬も利用されてきました。ウコン茶に含まれるクルクミンが胆汁分泌を促進しコレステロール減少、脂肪分解に作用します。

 

ゴボウ茶

ダイエット効果
ゴボウを乾燥させ焙煎して作られるお茶。手作りする方も多いようです。水溶性食物繊維を含んでいるので便秘で皮下脂肪がつきやすいという人におすすめ。

 

ルイボスティ

ダイエット効果
抗酸化作用が強く、ミネラル成分を豊富に含んでいて美容にもいいお茶です。ストレスによる体調不良や女性の冷え性にも効果的で人気があります。

 

寝る前に飲まないほうがいいカフェインが多いお茶

 

夜の熟睡を妨げるカフェインが多いお茶は

  • 緑茶
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • プーアル茶

があります。プーアル茶は発酵時間が長いとだんだんとカフェインがなくなっていくといわれていて、低カフェインとされていますが製造方法によって変わってきますのでウーロン茶などと同じ位置づけにしておいた方がいいでしょう。

 

そういったことから寝る前に飲むのは、ダイエット茶などのお茶ではなくお水が一番最適です。お水でもガブガブ飲んでしまうと、むくみの原因になりますからそこには注意してくださいね。

 

寝る数時間前から意識して水分補給を

 

朝方に起こる事が多い脳血栓などの病気の予防にも、寝る前にお水を飲むのはとても効果がある方法です。寝る前にコップ1杯のお水を飲むのがいいとされています。とくに肥満体型に近い、中性脂肪値も高い場合は必ず飲むようにしましょう。

 

水分吸収には限度がある
お茶や水など水分を一気に摂っても吸収する分量には限界がありますから、吸収できなかったものは尿として排出されるため、寝る前に一度にまとめて飲むと夜中にトイレに起きてしまうことになります。

 

ドロドロ血を気にして水分を摂る場合でも寝る2時間くらい前から水分摂取量を意識しておきましょう。寝るタイミングで水分摂取がちゃんとできているように計算してこまめに飲んでおくといいでしょう。

 

中性脂肪値が高いという事は血液がどろどろしている可能性が高いという事で、血管内に余分な脂肪がありそれが一か所に集まると血栓になることもあります。こういった血液どろどろな問題を解決するのにもダイエット茶は有効です。

 

もちろん、ダイエット茶を飲んでいるからと言っても、脂っこいものを処理できないほど食べてしまってはいけませんが、プーアール茶、ウーロン茶には血中の脂肪を排出する作用があるとされていますから、メタボ体型が気になるという方は、健康面の意味からでも食事中に飲むことをおすすめします。

 

ダイエット茶ランキングはこちら

⇒ ダイエット茶ランキング