内臓脂肪と皮下脂肪の違いと脂肪増加のリスク



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いと脂肪増加のリスク

 

体脂肪には、主に『皮下脂肪』と『内臓脂肪』の2種類がありますが、このふたつの脂肪の違いを知っていますか?皮下脂肪と内臓脂肪は、蓄積する場所、蓄積の仕方、燃焼のスピード、身体に与える影響などがまったく違います。

 

皮下脂肪にしても内臓脂肪にしても、適度な体脂肪は、健康を維持するために必要です。どちらも日常生活を送るための、大切なエネルギー源となっているからです。

 

しかし過剰な体脂肪、特に内臓脂肪は、さまざまな生活習慣病の原因となります。最悪の場合には、生命の危険性も伴ってしまうのです。皮下脂肪と内臓脂肪の違いを知って、効率のよいダイエットを行い、健康な身体を目指しましょう。

 

ダイエット茶ランキングはこちら

 

過剰な内臓脂肪のリスクとは?

 

内臓脂肪とは、内臓の周りなど、外から見えない部分につく脂肪のことです。ホルモンの関係で、主に男性、あるいは閉経後の女性につきやすいと言われています。

 

内臓脂肪は簡単につきやすい反面、落としやすいという特徴があります。皮下脂肪に比べて、ひとつひとつの脂肪細胞が小さく、代謝活性が高いため、燃焼しやすくなっているのです。

 

ただし見た目からはわからないことが多く、正確な数値が知りたい場合は、腹部CTスキャンなどで計測する必要があります。適度な内臓脂肪は、内臓を正しい位置に保ったり、外部から衝撃を受けたときのクッションの役割を果たすなど必要な脂肪でもあります。

 

しかし、必要以上についてしまった過剰な内臓脂肪は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病に直結します。体重的には痩せていても、内臓脂肪が蓄積してしまっている、『隠れ肥満』の方が増えています。定期的に健康診断を受けて、内臓脂肪値をチェックしましょう。

 

過剰な皮下脂肪のリスクとは?

 

 

皮下脂肪とは、皮膚の下につく脂肪のことです。腹部、臀部、太ももなどに蓄積されやすく、指でつまめるのが皮下脂肪です。男性よりも、女性や子供につきやすい脂肪と言われています。

 

内臓脂肪とは逆に、簡単につきにくい反面、落としにくいという特徴があります。長い時間をかけて蓄積するため、落とすのにも長い時間が必要となります。体内のほかの脂肪を使いきったあとで、最後に燃焼が始まるので、どうしても落としにくくなってしまうのです。

 

皮下脂肪の役割としては、体温の維持や、内臓脂肪と同じく外部から衝撃を受けたときにクッションとなることなどがあります。

 

過剰な皮下脂肪は、内臓脂肪ほどの危険性はないと言われていますが、それでも体重増加による膝や腰の痛みなどの整形外科的疾患や、心臓への負担などの危険性は伴います。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方

 

内臓脂肪と皮下脂肪では、落とし方にそれほど大きな違いはありません。ただ、燃焼するスピードが違うため、内臓脂肪のほうが落としやすくなっています。

 

食生活の改善
摂取カロリーより、消費カロリーを大きくすることが必要です。また同時に、効率よく脂肪を燃焼してくれる食べ物を摂取することも大切です。脂肪燃焼に役立つ食品としては、卵、豚肉、レバー、ひじき、納豆、ニラなどがあります。

 

有酸素運動
適度な有酸素運動を、日常生活に取り入れるだけで、特に内臓脂肪の燃焼量が格段に違ってきます。まずは一日30分のウォーキングを目標にしましょう。

 

サプリメントの摂取
アミノ酸などのサプリメントは、運動と組み合わせることで、脂肪燃焼の効率を高めてくれます。

 

ダイエットで何よりも大切なのは、継続することです。簡単にできることから、ストレスを感じない程度に取り入れていき、健康で美しい身体を手に入れましょう。

 

関連記事

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加