麦茶のダイエット効果ってあるの?デトックス・むくみ解消には期待!



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

日本人の夏の飲み物といえば麦茶ですよね。実はこの麦茶にもサポート的にではありますがダイエット茶として痩せる効果も若干あることがわかっています。

 

烏龍茶は脂肪燃焼効果があるので、よくダイエットに取り入れている人が多いですが残念ながら、麦茶にはみなさんが期待しいている脂肪燃焼効果はありません。ダイエットに大きな役割を果たす茶カテキンが含まれていないからです。

 

麦茶を飲むことでどんどん痩せる!ということではなく、体内の老廃物を体外に出すデトックス効果や利尿作用があるためにむくみなどが解消されて、その結果痩せやすくなるという事です。

 

デトックス効果で痩せやすい土台作りができる麦茶

 

麦茶を使用してダイエットをするには、麦茶の飲み方に注意が必要です。ただとにかく麦茶を飲み続けることを続けても減量することは出来ません。

 

麦茶をダイエットに役立てるなら1日に必ず1.5リットルは飲みましょう。「そんなに大量に飲めない!」と、とても多く感じますが、実践してみると、案外辛くなく飲めるようになりますよ。まとめて一気に飲まずに少しづつ飲むことも重要です。

 

飲む麦茶は自宅で沸かして作ったものでもペットボトルなどで市販されているもの、どちらでも構いませんが冷やして飲むのはやめましょう。(後述あり)

 

飲むタイミングですが、食前、就寝前と、起床時には必ず飲んで下さい。もう一つ、トイレに行った後は必ず飲むようにしましょう。麦茶をたくさん飲んだからといって、逆に太ってしまうことはありませんが、水分の取りすぎもよくありませんから無理はやめましょう。

 

麦茶は体に優しいダイエットですが・・・

 

 

この麦茶ダイエットには、大きく分けると3つの効果があります。胃を守る効果、血行を促進する効果、抗酸化作用の3つの効果です。

 

麦茶の他のお茶と違い、ノンカフェインなので、胃に優しくさらに、胃の粘膜を守ってくれるので、胃潰瘍などを予防することが出来ます。胃を守ることで、胃の消化機能によって、しっかりと食べた物を消化することが出来ます。

 

血行を促進する効果があるので、全身の血の巡りがよくなることで、痩せやすい体質を作ることが出来ます。また、麦茶に含まれるギャバという成分には、血圧を下げる効果もあります。

 

そして、抗酸化作用があるので、老化の原因となる活性酵素を減少させる働きがあります。同時に麦茶に含まれるPクマル酸が、生活習慣病を予防する効果があることがわかっています。

 

南米で愛されるマテ茶は抗酸化作用でダイエット効果も期待

 

麦茶はミネラルが豊富

 

焙煎した大麦

 

ダイエット以外にも、麦茶に含まれている亜鉛や、ケイ素などのミネラルが美肌効果をもたらします。ミネラルが豊富なので真夏の熱中症対策にもなる飲み物としても知られていますね。

 

また、虫歯の原因となるミュータンス菌の生成を阻害する働きもあります。麦茶でダイエットしたいなら、飲み方に注意をして、油分や糖分を取り過ぎない生活を送ることで、より高い効果が得られますよ。

 

このようにちょっとはダイエット茶に向いているかも?と思える麦茶なのですが、注意も必要になります。麦茶は体を冷やしてしまうので、冷え症が酷い人や真冬に行うダイエットとしては好ましくありません。

 

体温が下がってしまうと痩せにくくなることもあるからです。麦茶でダイエットを行うのなら夏の暑い時期限定のダイエット方法と認識したほうがいいでしょう。

 

体を冷やさない、冷え性にも効果が期待できるダイエット茶はプーアール茶などがあります。女性で冷えが気になるならこちらのお茶のほうが減量にも効果がある成分が含まれているのでおすすめです。

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加