ミトコンドリアで痩せる?!脂肪燃焼し基礎代謝もアップ



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ミトコンドリアで痩せる?!脂肪燃焼し基礎代謝もアップ

 

ダイエットをしていて、激しい運動や食事制限が辛いと感じる人には、「ミトコンドリアダイエット」という、食べ物を我慢せずにできる方法があります。

 

ミトコンドリアダイエットは毎日の生活の中で運動をすることで痩せやすい、太りにくい体質へと改善していく方法です。

 

ダイエット器具やダイエット食品に頼ることなく身体の代謝機能を活性化させて、少ない運動量でより効果的にカロリーを消費できる体質になれることから、最近人気がでているダイエット方法です。

 

ダイエット茶ランキングはこちら

 

そもそもミトコンドリアって何?

 

ミトコンドリアとは、地球上のほとんどの生物の細胞の中に存在する細胞内の構造物のことです。1つの細胞に数十〜数万単で含まれていて、特に筋肉部分には全身のミトコンドリアの約8割が集中しています。

 

ミトコンドリアは細胞内で呼吸を繰り返しエネルギーを生産する働きがあります。糖質や脂肪を燃焼させるとでエネルギーを発生させ、体温を調節したり運動ができるという仕組みです。

 

ミトコンドリアダイエットとは?

 

 

ミトコンドリアをより活性化させて基礎代謝を上げて脂肪燃焼を促進させ、太りにくい体質に変えていく、それがミトコンドリアダイエットなのです。

 

ミトコンドリアを活性化させる為にはL-カルニチン、コエンザイムQ10、カテキンなどの成分を摂取するとより効率的と言われています。しかし、最も大切なのは、日常的に運動をするということなのです。

 

このダイエットを成功させるためには、ミトコンドリアを活性化させる為の運動が必要です。しかし、特徴的なのは長時間運動をするのではなく、代謝を上げるために数分だけ運動をします。

 

普通に運動するダイエットのようですが、短時間で効果を出す、脂肪燃焼される時間を長くするというのがこのダイエットの目的なのです。

 

このダイエット方法の効率を上げる運動とは

 

 

運動といってもスポーツとして楽しむ様なものではなく、ほぼトレーニングに近いと言って良いでしょう。有酸素運動と無酸素運動を取り入れて運動を行うことで、体内のミトコンドリアを目覚めさせてあげる様にします。

 

有酸素運動は比較的ゆったりとした動きで、持続させて酸素を多く消費します。ウォーキング、ジョギング、水泳、エアロビクス、ヨガなどがあります。

 

無酸素運動は短時間に筋肉を使用して行い、酸素の消費量が少なくなります。短距離ダッシュ、ウェイトリフティングなどの瞬発力を必要とするものがあります。

 

これらの運動を1回30秒ずつ、1日で合計3分行うだけで効果が期待できるとされています。メリハリのある運動を行うことで細胞に刺激を与え、ミトコンドリアに働きかけるという仕組みです。

 

この特徴的な運動はサーキットダイエットともいわれるもので、例としては、

 

腕立て伏せ → 足踏み → 腹筋 → 足踏み → スクワット → 足踏み

 

という風に、すべての運動を30秒行うだけです。早く結果を出すためには、これを数時間空けて1日に数回行うといいでしょう。

 

一番痩せやすい時間というのは、朝一番の空腹時がいいといわれています。起きてすぐでは体がびっくりするので、ちょっとだけ時間をおいて朝食を食べる前に水分補給をし、3分間運動をすると効果的ですよ。

 

つらい食事制限はナシ?

 

ミトコンドリアダイエットを正しく行えば、食べ過ぎを注意するくらいで、カロリー制限など厳しい食事制限は必要とされません。ミトコンドリアは筋肉に多く含まれますので、筋肉がつけばそれだけ脂肪燃焼効果も上がります。

 

ミトコンドリアダイエット中には筋肉を作る為に必要な栄養素であるたんぱく質を多く摂取する様にしましょう。鶏ささみやプロテインドリンクを飲むのもいいかもしれません。

 

無理な運動や値段の高いダイエット食品を購入するよりも、身体が本来持っている機能を活かして健康的に脂肪燃焼させましょう。

 

このダイエットを行う時の注意点ですが、運動をしなれない場合は途中で息が荒くなることもあるでしょうが、息が乱れないくらいの運動強度を保つことです。辛いと思ったら足踏みする時間を長くし、腕立て伏せなどの無酸素運動を少なめにしましょう。

 

関連記事

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加