リパーゼの働きで痩せるダイエット方法とは?



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

リパーゼでダイエット!

最もダイエットに向いているお茶として親しまれているプーアール茶。ウーロン茶よりも発酵が進んでいるお茶で、発酵に黒麹菌を使用していることが特徴です。

 

日本ではダイエットに効果があるお茶というと烏龍茶のイメージが先行していますが、本場中国では脂肪を減らすお茶、内臓脂肪も落とすお茶として痩せるために飲まれています。

 

ペットボトルタイプのプーアール茶飲料はあまり販売されていませんが、ドラッグストアや普通のスーパーなどでも手軽に購入できます。

 

脂肪分解に欠かせないリパーゼ(酵素)を効率的に摂取して早く痩せようというダイエット方法がありますが、プーアール茶にはリパーゼの分泌を促進する働きがあるため他のダイエット茶よりも効果が期待できます。おすすめプーアール茶

 

プーアール茶がダイエットに向いているのには、酵素であるリパーゼだけでなく、重合カテキンが多く含まれているからです。また、脂肪燃焼を効率アップするのに欠かせないビタミンB群も含まれているんですよ。

 

ダイエット茶ランキングはこちら

 

リパーゼでなぜ痩せる!?

 

運動、脂肪燃焼ダイエット

痩せることを、脂肪を燃焼させると言いますが、この脂肪燃焼の前段階で必要なのが脂肪分解です。分解されていない脂肪分は燃焼することができないのです。

 

食べ物から取った脂肪でも、体内に体脂肪としてある脂肪でも分解されていないと燃焼することができません。体に中性脂肪(贅肉)としてついている脂肪はすでに、細胞に取り込まれているので、まず燃焼できる遊離脂肪酸に変えないといけないのです。

 

この燃焼できる脂肪「遊離脂肪酸」に変換できるのはリパーゼなんです。リパーゼがたくさんあれば燃焼しやすい脂肪にどんどん変換することができます。脂肪をリパーゼが分解し、その後、体内でエネルギーとして燃やしていきます。

 

プーアール茶にはこのリパーゼの分泌を促してくれることが臨床実験でも証明されています。プーアール茶を飲めば痩せやすいというのはリパーゼのお蔭だったのです!

 

リパーゼを高める そのほかの方法

 

とうがらし

プーアール茶にはリパーゼを分泌を促してくれまずが、早く痩せるためにもっとリパーゼを分泌させたいという場合の方法を紹介します。

 

脂肪燃焼の成分として知られるアミノ酸(アルギニン、アラニン、リジン、プロリン)や発汗作用の高い辛味成分のカプサイシンを摂ることです。

 

燃焼系のサプリなどの成分はこのアミノ酸やカプサイシンのことが多いですよね。そして、リパーゼは体温が高い方が効果がアップするという事で、お風呂に入ったりすることも効果を高めてくれる働きがあるそうです。

 

ピリピリと唐辛子の多い辛い食べ物を食べて、プーアール茶で喉を潤し、ちょっぴり熱めのお風呂に入ることでダイエットにも拍車がかかるかもしれませんね。

 

運動で痩せるのもリパーゼ効果!

 

運動で痩せる場合はある程度の時間(20分以上)の持続が必要と言われてきました。最近は1日で5分×4回のように細切れで運動しても脂肪燃焼されるとされていますが、この20分という数字はリパーゼの働きで体脂肪が遊離脂肪酸、グリセリンの2つに分解され始める時間だったんです。

 

数回に分けるにしても、20分も運動するというのが運動ダイエットの続かない理由ですよね。でも、20分経ってからリパーゼが出るのを早められたら・・・?

 

運動開始スタート時点からリパーゼがどんどん分泌されていれば、20分経っていない時点から脂肪が分解されて、燃焼されることになりますよね。通勤、通学前に、リパーゼの分泌を促すプーアール茶やアミノ酸を取っておくと、わざわざ運動しなくても「ながらダイエット」でどんどん痩せられるかもですね!

 

関連記事

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加