黒豆はお茶でも痩せる?黒豆茶のダイエット効果とは



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

黒豆はお茶でも痩せる?黒豆茶のダイエット効果とは

 

黒豆茶とは、黒豆を煎って煮出して飲むお茶で、普通のお茶よりも甘く、香ばしい風味が特徴的です。黒豆は大豆の一種なので、他の大豆製品と同じような健康効果を得ることができます。

 

黒豆の一粒一粒には豊富な栄養成分や効能が詰まっていて、ダイエットにも効果的と言われています。ただ、毎日黒豆を摂るというのも難しいので、お茶にすれば手軽に摂取することができるのがメリットです。

 

今回は、黒豆のダイエット茶、痩せるお茶としての働きやその成分をご紹介していこうと思います。

 

黒豆の豊富なポリフェノールのダイエット効果

 

黒豆にはポリフェノールがたっぷり含まれていて、ダイエット効果を得ることができます。ポリフェノールとは植物の色素や渋みや苦みなどの成分のことを言い、自然界に5000種類以上も存在しているそうです。

 

黒豆には黒い種皮の部分に含まれていて、黒豆の黒い色(黒紫色)を作り出しているのがアントシアニンというポリフェノールです。

 

アントシアニンには眼精疲労の改善、がん予防、動脈硬化や高血圧の予防、アンチエイジングなど様々な効果があります。

 

そして、アントシアニンには脂質代謝を促す働きがあるため、ダイエットに効果的です。黒豆は大豆製品の効能にプラスして、ポリフェノールの力でさらにダイエット効果を上げてくれるのです。

 

脂肪の排出を促進する黒豆茶の大豆サポニン

 

黒豆に含まれる大豆サポニンという成分には、脂肪の排出を促す働きがあります。大豆サポニンには水にも油にも溶けるという性質があるため、血管内の脂肪を溶かして排出し、コレステロールや中性脂肪値を下げてくれます。

 

また、抗酸化作用が強いことからコレステロールや脂質の酸化を防ぎ、脂質の吸収を抑制してくれます。脂質の代謝を良くする働きもあるため、ダイエットに効果的です。

 

黒豆茶のデトックス効果もダイエットの味方に

 

 

黒豆茶のデトックス効果も、体質改善で痩せやすい体にしてくれます。黒豆茶には利尿作用があり、むくみや血流を改善してくれる働きがあります。

 

また、黒豆茶には食物繊維も豊富なため、腸内環境も改善されます。食物繊維には他にも、食欲を抑える働き、血糖値の急上昇を抑えて脂肪になりにくくする働きなどダイエット効果が期待できるのです。

 

デトックスは、血の巡りが良くなることから肌トラブルの改善にも役立つので、肌荒れしがちのダイエット中には嬉しい効果です。黒豆茶で体の内側からきれいにしていきたいですね。

 

黒豆茶のその他の効能や飲み方、副作用は?

 

 

黒豆茶には女性ホルモンのエストロゲンに似たイソフラボンが含まれていることから、ホルモンバランスを整えたり、骨粗しょう症を予防したり、と女性には嬉しい効能がたくさんです。それだけでなく、イソフラボンにも脂質の代謝を促進するなどのダイエット効果があります。

 

ただ、イソフラボンの摂り過ぎは婦人科系の病気のリスクを高めてしまいます。黒豆茶は天然成分であまり心配はありませんが、サプリメントとの併用などには注意が必要です。

 

黒豆茶のダイエットは特に飲む量なども決められていませんが、1日3杯程度がダイエットにはちょうどいいようです。煎った黒豆を煮出す方法だけでなく、ポットや急須に入れたり、直接コップに黒豆を入れてお湯を注いでも良いので、気軽に楽しみたいですね。

 

飲んだ後には出がらしの黒豆を食べると、よりダイエット効果のある成分を余すところなく摂ることができます。ちょっと塩味にすればまるで枝豆のような味でおいしくいただけます。

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加