粉末ごぼう茶「恵巡美茶」はダイエット、便秘解消に強力サポート



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

根菜類のなかでもっとも食物繊維が豊富なごぼうは、便秘解消やアンチエイジングのお茶の原料にも利用されていて美容、健康のために積極的に食べたい野菜の1つです。

 

ゴボウはほかの根菜類の3〜4倍の食物繊維が含まれていて、水溶性と不溶性ともに高い数値を示しています。こだま食品株式会社から発売されている「恵巡美茶」は粉末タイプのごぼう茶です。

 

体には良さそうですが、果たして味や飲みやすさはどうなのか?ゴボウだけにちょっと臭そうなイメージがありますが、効果や口コミなどを調べてみました。

 

ごぼうに含まれる驚きの成分

 

ごぼうに多く含まれる成分としてもっとも注目されているのが食物繊維ですが、ほかにもたくさんの有効成分が含まれています。特に注目すべきはイヌリンとアルギニンです。

 

イヌリンは成分上は食物繊維(水溶性)に分類されます。糖質の吸収をおさえ、血糖値の急上昇を止める作用があるため、糖尿病の治療に大きな効果があります。

 

また、体内にほとんど吸収されないことや、満腹感を得られることから、ダイエット効果があり、腸内で便の水分を増やす作用があるので便秘解消にも効果的な成分です。

 

アルギニンはアミノ酸のひとつです。必須アミノ酸ではありませんが、成長ホルモンの分泌を促進し、血の流れを改善することで、若返り効果があります。イヌリンもアルギニンも、近ごろサプリメントでは大きな注目を集めている成分です。

 

ごぼう茶ってどうやって飲むの?

 

ごぼうがいかにすぐれた成分を含んでいるかは分かったけれど、気になるのは飲み方と飲みやすさですよね。ひとくちに「ごぼう茶」と言っても、煎じて飲む商品から粉末タイプの商品まで、いろいろな商品があります。

 

煎じて飲むタイプは、ごぼう独特のくさみがあるのが難点ですが、できるだけ多くの成分を摂取するのに有効なのは、なんといっても煎じて飲むタイプです。

 

やや値段は高めですが、乾燥させたごぼうを焙煎するなど、独自の製法でくさみをおさえている商品も出てきました。それでも、水出しで飲むよりくさみは残ります。

 

もっと手軽に飲めるティーパックタイプの商品もあります。紅茶と同じように、カップにお湯を注いで、3分ほど浸してから飲みます。手軽に飲めるので続けやすい一方、お値段はやや高めです。

 

有機粉末ごぼう茶の恵巡美茶

 

ごぼう茶はくさみがあって飲みにくい、できるだけしっかりとごぼうの有効成分を取り込みたい、そのようなわがままに応えてくれる商品が「恵巡美茶」です。粉末タイプのごぼう茶で、手軽に飲めるだけでなく、携帯にも便利です。

 

完全有機栽培した国内産のごぼうを使用しているだけではなく、具体的に産地を示し、「有機JAS」の認定を取得するなど、材料にもとことんこだわっています。

 

健康茶は、体にいいことはわかっていても、にがみやくさみがひどくて飲み続けることができず、一回飲んだッきりで捨ててしまうケースもよくあります。恵巡美茶は「お試しセット」も用意されているので、ちょっと試してみたいときにうれしいですね。

 

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加