冷え性のお茶ダイエットには、プーアール茶!



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

冷え性は代謝が下がったり太りやすくもなるし、もちろん体が冷えて辛いので早めに治してしまいたい症状です。こういった冷え症の方は飲み物にも気を使いますよね。

 

体を冷やす飲み物や食べ物は避けていつという方が多いと思いますが、ダイエット茶というのは体を冷やしてしまうものなのでしょうか?もしも、そうであれば痩せたいからと言ってダイエット茶を飲むことはできませんよね。

 

冷え性にもいいダイエット茶がある!

ダイエット茶にも多くの種類がありますが、その中でも体を温めてくれるという作用を持つお茶があります。冷え性の場合はこういったお茶を選んで飲むと安心ですね。しかも、痩身への働きも強いといわれているのはうれしいところです。

 

冷え性の方でも安心して飲めるダイエット茶というのはプーアル茶です。プーアル茶は緑茶と同じ茶葉なのですが、長期間、発酵させることで作られます。

 

緑茶は体を冷やす働きがありますから、実は冷え性の方にはあまりよくない飲み物なのです。しかも、緑茶の種類によっては、とてもカフェインが多く自律神経を乱す可能性もあります。自律神経が乱れてしまうと冷え症が悪化しやすいですから注意が必要です。

 

プーアル茶は緑茶と同じ茶葉なのに、長い間、発酵させることで体を冷やさずに、発酵期間が長ければ長いほどカフェインも少なくなっていくので体に優しいといわれているお茶なのです。

 

熱い烏龍茶もOK!

プーアル茶ほど長期間ではないですが、同じように発酵させているお茶で烏龍茶があります。東洋医学的には体を温めるお茶を温性、冷やすお茶を涼性といいますが、烏龍茶もプーアルと同じ温性です。

 

冷え性に効果的に飲むには熱いまま飲むのが好ましいです。冷蔵庫などで冷やしてから飲むと、折角、体を温めるといわれているお茶でも、あまり効果が期待できません。その点は注意して飲むようにしましょう。こういった身体を冷やさないダイエット茶を選べば冷え性の方もお茶でダイエットを行うことができます。

 

体を温めるお茶であるプーアール茶やウーロン茶を飲むことで、ダイエットをすることはもちろんですが、冷え性の解消にも役立ちます。冷え性が改善されることで、代謝が上がりますからさらに痩せやすく、ダイエットが成功する可能性もアップしますね!

 

冷え性に良くない食べ物、いい食べ物

 

冷え性にいい生姜

 

体が冷えるということは血行が悪く、デトックスが進まない状態のことで痩せにくくなるのはもちろん生理痛や頭痛、肩こりなどの原因にもなります。痩せるためにも冷え性を改善していきましょう。

 

冷え性に悪い食べ物は水分が多く夏場に旬を迎える野菜などが知られています。そして、きゅうり、もやし、たけのこ、茄子、柿、みかん、バナナ、白砂糖、小麦粉製品(うどんなど)、添加物を多く使った食品もよくありません。

 

逆に冷え性改善に効果がある食材は、生姜、にんにく、レンコン、ごぼう、味噌、ネギ、かぼちゃ、蕎麦、梅干しなどがあります。冷え性にいい食材を食事に多く取り入れて、プラス熱いダイエット茶で冷えを解消していきましょう。

 

冷え性で痩せている人も多いですが、内臓の働きが悪く免疫力も低いことが多いです。風邪を引いた時にも温かいものを飲んだり、食べることで体内から温まり初期の風邪なら治ってしまうこともありますが、冷えは血行不良ですから、体がエネルギーをうまく使えません。

 

毎日、入浴はシャワーだった人が湯舟につかるようにしただけで2週間で3キロ痩せたという話もあるように、これも血行が改善されたことが大きく関係してます。真夏は常温でもいいですが、そのほかの季節はぜひ温かい飲み物でダイエットを効率よく進めていきましょう。

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加