ゴーヤ茶で痩せる?お茶にしても健康効果がたくさん!



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

生のゴーヤ

 

ゴーヤは沖縄でよく食べられる野菜で、苦瓜ともいわれ独特の苦みがあるために好き嫌いが分かれていますね。沖縄の人が健康なのはゴーヤを食べているからだとも言われるぐらい効能が多いのが特徴で、特にビタミンCはたくさん含まれています。

 

紫外線から肌を守るなどお肌をきれいに保つ美肌効果があるなど、女性にとっては嬉しい効果があります。また女性が気になる大きな関心事としてのダイエットにも効果があることが知られています。

 

ゴーヤ茶でなぜ痩せるの?

 

ゴーヤ茶にはなぜダイエット効果があると言われているのでしょうか。それはゴーヤに含まれているリノール酸という物質が脂肪燃焼効果を持つからです。

 

体内に入ると脂肪の分解を活性化させるリパーゼの動きを高めて、そのことにより脂肪を燃焼させる効果を発揮します。

 

脂肪燃焼をする効果があるだけでなく、血中のコレステロールを減らしたり、中性脂肪を減らす働きも合わせ持っているのです。そのことによって、ゴーヤ茶がメタボ対策などにもあり健康的にダイエットするのに良いと注目されています。

 

ゴーヤ茶の飲み方で気をつけること

 

ゴーヤ茶は誰にでも適しているわけではなく、飲む時に注意をしないといけないことがあります。ゴーヤ茶にはたくさんのカリウムが含まれていて、カリウムをたくさん摂ることが望ましくないとされている腎臓病などの人には向いていない方法です。

 

ノンカフェインなので妊婦さんにも安心して摂取することができますし、妊娠中のむくみなどをとるためにダイエット目的以外にも使えます。

 

副作用もなく安心して飲めるので、ジュースなどを飲んでしまっていたという人は、ゴーヤ茶を飲むことを習慣にしてみましょう。

 

苦みが苦手という人は、ついつい甘さを求めて砂糖を入れたくなりますが、砂糖を入れるとゴーヤ茶のダイエット効果が無駄になってしまいますから、ゴーヤの苦みが苦手だという人は、ゴーヤ茶ダイエットは諦めてほかのダイエット茶を試してみましょう。

 

ゴーヤ茶の簡単な作り方

 

ゴーヤ茶は市販のゴーヤ茶を購入して飲まなくても、ゴーヤさえあれば手ごろに自宅で作ることができます。そういった点でもお勧めと言えます。

 

ゴーヤ茶の作り方は、ゴーヤのワタと種を取り除いて輪切りにして、ワタの部分だけを捨てます。ゴーヤを輪切りにして、種と一緒に天日干しをして乾燥させます。夏の暑い日なら一日程度、陽射しが強くない時期ならもう少し時間を置くようにしましょう。

 

ゴーヤが乾燥したところで、フライパンに入れて薄茶色になるまで煎ります。それが冷めたら密閉した袋などに湿気が入らないようにして保存をします。

 

飲む時にはそれを急須に入れて、5分程度抽出したら出来上がりになります。ゴーヤの効果がしっかりと出て、飲むことでダイエット効果が期待できるのです。

 

このように手軽に作ることができて効果が高いゴーヤ茶です。ゴーヤはスーパーなどで手に入れることができるので、ぜひ試してみてはどうでしょうか。

 

ダイエット効果以外にも女性に嬉しい美肌や健康に良い効果がたくさんあるので、試してみて損をすることはないと思います。すぐに効果が出ると期待するのではなく、習慣化して続けることが大事です。

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加