お茶ダイエットにおすすめの茶葉の種類とその痩せる効果とは?

昔から無理しないで痩せられるダイエット方法として人気がある「お茶を飲む」というダイエット。このダイエットで使われる痩せるとされるお茶ですが、1つではなくいろいろな種類があります。

 

⇒ ダイエット茶人気ランキングはコチラ

 

ダイエット向きの種類

 

烏龍茶、プーアール茶

烏龍茶、プーアール茶

中国の痩せるお茶といえばやはりウーロン茶は定番ですよね。他にもたくさんの中国茶があってダイエットにも効果があるというものも多いですが、日本ではウーロン茶が一番身近な存在ですよね。
烏龍茶は日本人好みの味で飲みやすいのが特徴です。プーアール茶は烏龍茶のパワーアップ版という位置づけになります。

 

【脂肪吸収抑制・脂肪排出】
ダイエット効果

 

関連記事:烏龍茶はどのくらい痩せる?脂肪吸収抑制で人気ダイエット茶
関連記事:プーアール茶、黒茶のダイエット効果は脂肪燃焼と吸収阻害のW効果
関連記事:プーアール茶とウーロン茶の違いって何?体質で効果が変わる!

 

緑茶、日本茶

緑茶、日本茶

最近はビタミンが多いために美白効果が得られると人気のある緑茶。体脂肪を減らす、燃やしてくれるというカテキンも多く含まれています。茶カテキンをたくさん含んでいるトクホのお茶としてヘルシア緑茶など販売されています。

 

【脂肪燃焼】
ダイエット効果

 

関連記事:緑茶と茶カテキンのダイエット効果
関連記事:高濃度茶カテキンは危ない?副作用やその危険性は?

 

杜仲茶

杜仲茶

 

ダイエットというよりはもともとは健康茶として人気があった杜仲茶ですが、健康目的で飲んでいたら痩せたという口コミが広がりダイエット茶としても認識されるようになりました。

 

肝機能アップの働きがあるので脂肪をエネルギーに効率よく変換できるので代謝がよくなります。お酒をよく飲む人にもおすすめです。杜仲茶は新陳代謝を上げる作用があるとされていて、加齢による中年太りを解消するのによいお茶です。

 

【代謝アップ】
ダイエット効果

 

関連記事:杜仲茶で健康的に痩せる!注目の胆汁酸ダイエットもできる

 

難消化性デキストリン配合のお茶

難消化性デキストリン配合のお茶

難消化性デキストリンは食物繊維のことで小林製薬のイージーファイバーも難消化性デキストリン。食事の前や食事中に飲むことで脂肪吸収抑制や血糖値を上がりにくくするためダイエットに効果的に働きます。また、食物繊維ですから便秘解消、便秘の予防にも役立ちます。

 

難消化性デキストリン配合のお茶はとちらかというと体重は減りにくいのですが、血糖値コントロールができるので動脈硬化などにもよい影響があるので年配の方にとくにおすすめです。ペットボトルで販売されているトクホにはこのタイプのお茶が多いです。

 

ペットボトルの特保、市販品としては、からだすこやか茶W などで販売されています。

 

【食物繊維】
ダイエット効果

 

関連記事:難消化性デキストリン入りお茶のダイエット効果とは?痩せるの?

 

ケルセチン配糖体を配合したお茶

ケルセチン配糖体を配合したお茶 特茶

玉ねぎの皮に多く含まれるケルセチン配糖体。ケルセチン配糖体は脂肪分解酵素を活性化させてエネルギーになりやすい形に変えてくれます。この時、空腹だったり、運動をすることで体脂肪を効率よく燃焼させることができるのです。

 

ペットボトルの特保、市販品としては、特茶 などで販売されています。

 

【ケルセチン】
ダイエット効果

 

ごぼう茶

フジフードサービス ごぼう茶

ごぼう茶は医師、博士でもある南雲吉則先生がテレビで若い!老化に勝った!などと話題となり、その秘訣がこのゴボウ茶にもあると紹介されたことで人気になったとお茶です。それまではごぼうのお茶はなかったと思うのですが確認は取れていません。

 

食物繊維とポリフェノールが豊富でダイエットにも効果的に働いでくれます。焙煎具合により飲みやすさも変わるようですが、ゴボウの臭いがあるので好き嫌いのあるお茶ですね。画像は「フジフードサービス ごぼう茶」です。

 

【食物繊維】
【ポリフェノール】
ダイエット効果

 

関連記事:ポリフェノールのダイエット効果と効果的に摂取する方法

 

キャンドルブッシュ配合のお茶

別名ゴールデンキャンドル、カッシア・アラタ、ハネ・センナなどともいわれるキャンドルブッシュは強い緩下作用があり、腹痛を伴う下痢を起こす可能性があります。センナとは同属植物で副作用の報告もあるセンノシドも含まれています。

 

ただ、体質に合えば効果のある便秘解消茶というので一部の人にはとても人気があります。癖になるタイプの便秘解消方法ですから長期飲用はおすすめできません。

 

【緩下作用あり】
ダイエット効果評価ナシ

 

関連記事:キャンドルブッシュ茶の便秘解消、ダイエット効果。飲むときの注意点
関連記事:(外部)キャンドルブッシュを含む健康茶 下剤成分(センノシド)を含むため過剰摂取に注意

 

⇒ 当サイトでおすすめのダイエット茶はこちら

 

新しいダイエット茶もどんどん発売されている

 

市販されているダイエット茶はどんどん新しいものも出てきていて、黒豆のお茶、牛蒡茶なども人気があります。大抵のダイエット茶は複数の茶葉がブレンドされていることが多く、1つのお茶の効力だけでなくいいところを合わせて取り込めるように作られています。

 

メインの茶葉のほかに、むくみに効果があるものだったり、便秘に効く茶葉を使用したりして、味も飲みやすくしつつ、痩せる効果も高まるようにブレンドされています。美容にも注目されているハスの葉が入っているお茶もあります。

 

お茶はノーカロリーですから食事前に多めに飲むだけでも食欲を抑えて減量できる可能性がありますが、脂肪燃焼や便秘解消なども考えられている専用のダイエット茶がはやりダイエット中にはおすすめです。

 

油っこい食事が多い時にはちょっと濃いめにして、量もたくさん飲むとかいろいろと工夫できます。また、通常の食事内容を変えることがないので、周りの人にもばれにくく、こっそりとダイエットを続けることができます。ダイエット中だと聞くとなぜか絡んでくる人もいますから、職場や学校などでは知られない方がいいですよね。

 

運動をしながら補助として飲んだりもできますし、積極的に飲むことで食事量にも影響してきますから、お茶だけで痩せることもできますよ。

 

利尿作用があるダイエット茶

 

ダイエットに効果があるといわれているお茶にはほぼ利尿作用があります。利尿作用はむくみを解消したりと良いこともあるのですが、たくさんの量を飲み過ぎると、脱水症状を起こす可能性もあるため注意が必要です。1日に1L〜1.5L程度の量であればまったく問題はありません。

 

カフェインが含まれているお茶

  • 緑茶
  • 烏龍茶
  • プーアール茶

 

カリウムが含まれているお茶

 

カリウム、カフェインの多い飲み物は利尿作用が強いのでデトックスにもなるといわれていて、利尿剤を使ったダイエット方法がありましたがこれは良い方法ではありません。体に溜まった余分な水分を排出するのは痩せるのに、とても効果的ですが、薬を使うのは高血圧などの病気の場合のみ有効です。

 

ダイエット茶を選ぶときに、むくみがあるなら利尿作用が強いお茶にするといいでしょう。

TOPへ