ダイエット茶の成分ってなに?痩せるのに役立つ成分とは



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ダイエット食品やドリンクの中でもお茶を飲んで痩せようという方が多いです。特に健康的に痩せようという意識がある方にはとても魅力的なダイエット方法ですよね。

 

ダイエット茶で脂肪を落とすためにすることはこれまでの水分補給に飲んでいたお茶やお水、コーヒーなどをダイエット用のお茶に変えるだけという手軽さも人気の理由です。

 

お茶でダイエットサポートになるというのはどういった成分のお蔭かというと大きな要因としてポリフェノールの働きがあげられます。これはその選んだお茶によっても成分が異なってきます。

 

ポリフェノールのいろんな効能

 

ポリフェノールの効能というのは若返り、アンチエイジングにもよいといわれていますよね。これはとても強い抗酸化作用のお蔭でもあります。

 

カテキンもポリフェノールの一種で緑茶などに含まれています。(高濃度のカテキンはキケンかもです。)ほかにはレスベラトロール、アントシアニン、イソフラボンもポリフェノールなんですよ。それぞれに健康効果がありますよね。

 

カテキンの働きはというと脂肪の燃焼、排出などでメタボリックシンドローム対策や生活習慣病の予防にも推奨されている成分です。

 

ポリフェノールは胃腸の働きを整えるという作用もあるため、そういった側面からも便秘解消につながり、それがデトックス、代謝アップ、体重減少へとつながっていきます。

 

カフェインもダイエットに有効な成分になりますが、人によって夜飲むと熟睡できなくなることなどがありますから、自分に合わないと感じたらカフェインレスの他のお茶に変えるといいでしょう。また、カフェインが多いと妊婦さんや授乳中の方は飲まない方がいいでしょう。

 

これまでコーヒーや紅茶で眼が冴えてしまったということがあるならカフェインのせいかもしれませんから、そういった場合はプーアル茶などの比較的カフェインの少ないものを選ぶといいですね。

 

ダイエット茶にもいろいろな種類があります。同じ茶葉でできている緑茶とプーアール茶でも製法が違うために、独自の成分が含まれていたりしますよね。ましてや、茶葉が違えば全く違う効果を得ることができます。

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加