キャンドルブッシュ茶の便秘解消、ダイエット効果。飲むときの注意点



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

キャンドルブッシュは主に便秘解消に効果があるといわれている植物でお茶としても人気があります。便秘に効果が高く、日本ではハネセンナと呼ばれることからよくセンナと間違えられることもありますが別のものです。

 

キャンドルブッシュはゴールデンキャンドルとかカッシア・アラタともいわれていて、ブレンドティーとしてダイエット用、便秘解消用に手軽に購入できるほどたくさんの種類が販売されています。

 

熱帯地域(インドネシアやマレーシアなど)に自生しているマメ科の植物で大きく育つ木です。日本でも同じような品種の木が自生しているので見かけたことがあるかもしれません。(日本にあるのは白い花ですけどね。)

 

もともとは民間医療で便秘や美肌のために使用されてきたいわば薬草にあたります。キャンドルブッシュには抗菌作用のあるフラボノイドやアンチエイジングにも役立つ活性酸素除去力があるタンニンが含まれています。

 

体質が合えばキャンドルブッシュで便秘を解消できて体重も・・・といううれしい連鎖が期待できますが、合わない場合は下痢などの副作用がありますから、残念なことに万人におすすめできるものではありません。

 

ダイエット茶の種類とその痩せる効果とは?

 

キャンドルブッシュで便秘解消できるけど副作用も・・・

 

ダイエット茶というよりは便秘茶として便秘解消に効果が高いキャンドルブッシュ。便秘が解消されることで痩せられるということなのですが、ちょっと注意することがあります。

 

それは体調によっては便秘解消どころか、腹痛や下痢になってしまうことがあるということです。効果がありすぎるというか、体質に合わないことがあるようです。適量だと大丈夫という人でも多めにキャンドルブッシュ茶を飲むなダするとやはり下痢を引き起こしてしまうそうです。

 

下痢というのは軽い方で、キャンドルブッシュの副作用といえる症状として、以下のようなことが報告されています。

  • 腹痛、吐き気、嘔吐
  • 腸管穿孔、腸閉塞、虚血性大腸炎
  • 低カリウム血症
  • めまい、一過性の意識消失

 

腸閉塞や意識がなくなるというのはかなり恐ろしいですね。また、長期的にみると大腸が黒くなる大腸メラノーシス(大腸黒皮症)や肝機能が低下するなどの影響もあるそうです。

 

大腸メラノーシス(大腸黒皮症)は大腸の粘膜が傷つくことで癌化の危険性も高まるということですから常飲するのは絶対にやめましょう。

 

ダイエット茶で下痢!?副作用で腹痛になるのは体質?成分が悪い?

 

副作用の原因はセンノシド

 

プルゼニド12mg

このような副作用が起こる原因はキャンドルブッシュにセンノシドという成分が含まれているからです。便秘解消にはこの成分が効果的に働くというのですが、自然なお通じというのには程遠い強烈な下剤作用があります。

 

国民センターから出されている注意勧告にも「キャンドルブッシュを含む健康茶−下剤成分(センノシド)を含むため過剰摂取に注意−」というものがあります。

 

この注意文というのは、簡単にいうと、ほとんど下剤といえる作用があるのに、1日の摂取目安量がはっきりと明記されていなかった、下痢になる可能性があるという注意喚起がなかったというものです。

 

キャンドルブッシュを含むお茶を2〜3杯飲んだだけで薬と同等のセンノシドを摂取してしまうほど多く成分が入っていた商品があったということも書かれています。キャンドルブッシュは危ないといわれているセンナではありませんが、センノシドはセンナから由来しているお薬なんです。同じ成分を含んでいますから、同じような症状がでるかもしれないということですね。

 

それだけ、便秘症には効果が高いものなのですが、このセンノシドは便秘薬としても使用されています。アントラキノン系誘導体として製品名は、プルゼニド錠12mg、センノシド錠12mg「フソー」、センノシド錠12mg「セイコー」、センノシド錠12mg「サワイ」などの種類がありますが、すべてセンノシドが主成分で12mg含まれているものです。

 

センノシド錠12mg「フソー」の場合の注意は以下のように明記されています。

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。急性腹症の疑い(腹痛)、けいれん性便秘、硬結便(便が固い)、電解質失調(特に低カリウム血症)がある。または腹部手術後である。
妊娠、妊娠している可能性がある、授乳中
他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

 

結論としては、キャンドルブッシュ茶は下剤だったいっても過言ではないでしょう。こういったお茶が体質に合わない場合は、痩せたいから下剤ダイエットになる!などとは考えないで、飲まないようにしてください。

 

痩せるためにお茶を利用するのなら脂肪吸収を抑えてくれるお茶、代謝をアップするお茶の方が安心です。

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加