晩御飯抜きダイエットしつつ、ダイエット茶を飲む!



 このエントリーをはてなブックマークに追加 

晩御飯抜きダイエットしつつ、ダイエット茶を飲む!

 

ダイエットと食事というのは切っても切れない関係となっており、ダイエット成功のカギを握っているといっても過言ではありません。

 

ダイエットに取り組んでいる多くの人が食事や食材に気を遣い、より低カロリーや低GI値で腹もちの良い食事を取ろうとしています。

 

また、普段から食の量や回数が多い人は食事量、あるいは食事そのものの回数を減らし、空腹と闘いながら奮闘しています。

 

食事に関するダイエットの一般的な常識として、就寝前、つまり夕食を高カロリーにするのはNGというものがあり、むしろ一日のエネルギーを必要とする朝食をがっつり食べ、昼、夜の順に食事を軽くしてゆくという方法が推奨されています。

 

ダイエット茶ランキングはこちら

 

夜だけダイエットに集中

 

夜だけダイエットに集中

 

これをもうひと段階踏み込んだのが晩御飯抜きという方法です。また、晩御飯抜きは皮下脂肪よりも内臓脂肪を除去するのに向いた方法であるとも言えます。

 

一日の疲れがどっと出易い、非常にストレスが溜まる時間帯の食事を抜くというのは心身共にかなり負担の掛る事である事は確かです。

 

逆に言えば、あえてこうしたストレスを強く感じる時間帯を作る事によって交感神経を刺激し、緊張が解ける事による余分なエネルギー吸収を抑えるという効果も期待出来ます。

 

失敗が多いごはん抜きダイエット

晩御飯抜きのダイエット方法の成果にも個人差があり、決して万人向けではありません。痩せる人は大幅に痩せますが、すぐにやめてしまう人もとても多い方法です。

 

それでも多くの人が減量効果を実感し、その口コミを聞いた人が「やっぱり痩せるんだ」と始めてしまいます。健康のために就寝時間前から逆算して、4時間前までは食べないなど決めているストイックな方もいますが、とにかく痩せればいいからと、何も考えずに食べない方も多いですね。

 

リバウンドが強烈です!

食事量を減らしたダイエットというのは、リバウンドが他のダイエット方法よりも酷いことが多いです。カロリーが少なくなっていたので、元に戻すと一気に太ってしまうタイプや、食欲が止められなくなるという方もいます。

 

食べ過ぎを自覚しているならそれはもちろんやめるべきですが、カロリー、食事量を変えて痩せる方法は一生行うことになるダイエット方法です。元の食事に戻せば太るのは当たり前だからです。

 

そして、体重が増えたり減ったり、食事量を降らしたり、増やしたりしているうちに、カロリー消費しない身体になり、さらに太りやすくなってしまうのです。食事量を減らしてのダイエットは3日以内の短期間で、1キロ2キロ程度のダイエット以外では行わないほうが身のためです。

 

10年後、20年後に本当に酷いことになってしまいます。中年の肥満の方でも若い時にはスリムだったというのはよくあることです。無理なダイエットで逆に太ってしまった方も多いと思いますよ。

 

リバウンドしない、無理もせずに体重を落としたいならお茶を飲むダイエットが安心です。つらい食事制限をしなくていいのも多くの人をダイエット成功体験させている理由です。

 

ご飯半分ダイエットが正しい方法

 

 

炭水化物であるご飯を急に減らしてしまうと、ケトン体というものを体内で発生してきます。このケトン体は健康によくない働きをするのではないかと懸念されているもので、現在も研究中という厄介なものです。

 

1日の炭水化物の摂取量が通常の40%から30%以下になると、ケトン体が一気に増えるので半分くらいの量は食べるように心がけたほうが安全にダイエットを行えます。

 

また、夜に炭水化物をまったく摂取していないと朝までの間には倦怠感を感じるなどが起こることがあり、それもケトン体が原因ではいわれています。このことから、「夜だけご飯を抜く」のではなくて、1日三食、毎回炭水化物は少な目にすることが推奨されています。

 

痩せるためには食べてはいけないと恐怖心に近いものを感じつつ、ダイエットを行う方も多いようですが、脂肪の吸収を抑制してくれるダイエット茶を飲みながらカロリーセーブしていく方法を取れば極端につらい低カロリー生活を起こる必要はありません。

 

関連記事

⇒ 当サイトおすすめ!ダイエット茶はこちら



 このエントリーをはてなブックマークに追加